静岡県考古学会
トップ
規約
総会・委員会報告
地区例会
出版物
シンポジウム
見学会・展示会・研究会
アーカイブズ
お問い合わせ
静岡県考古学会規約

第一条 本会は静岡県考古学会と称する。
第二条 本会は静岡県における考古学研究の発展と知識の普及および埋蔵文化財の保護をはかることを目的とする。

第三条 本会はその目的達成のため次の事業を行う。

@調査研究活動。

A機関誌、研究報告書などの発行。

Bシンポジウム、見学会、講演会などの開催。

C埋蔵文化財保護のための諸活動。

Dその他必要と認められる事業。

第四条 本会の主旨を賛同し、会費を納入し、本会の事業に協力するものをもって本会の会員とする。

第五条 本会には次の役員を置く。

会 長 一名 副会長 若干名 委員 若干名 書 記  一名 会 計  一名 監 査  一名

事務局  若干名

第五条の二 役員の選出は次のとおりとする。

@会長・委員は総会において会員の中から選出する。

A会長と委員は委員会を構成し、会長は必要に応じて委員会を招集する。

B書記・会計・監査・事務局は委員の中から互選する。

C役員の任期は二年とする。ただし、再任を妨げない。

第六条 役員の任務は次のとおりとする。

会長は総会及び委員会の決定に基づき本会を代表する。

会長は委員から副会長を指名する。

副会長は会長を補佐し会長不在の時には、その職務を代行する。

委員会は総会の承認を得て会務を執行する。

事務局は本会の事務一般の処理を担当する。

会計は、本会の会計を代表して行う。

監査は会計を監査する。
第七条 総会は年一回以上開催し、委員会の起案に基づき事業計画と予算を議決し、事業報告と決算の承認を行う。

第七条の二 規約の変更、役員の選出、その他重要事項を議決する。

第八条 会の会計年度は、4月から翌年3月までの12か月とする。

第九条 委員会は総会に対して責任を負い緊急の事項を決定する。
第十条 本会は必要に応じて、特別委員会を置き、その決定事項を特別委員会の名で公にすることができる。

第十一条 本会には顧問を置くことができる。

第十二条 本会に細則を設けることができる。細則は委員会がこれを定めることができる。


付則

この当会の発足日は一九六九年五月十八日とする。

この規約は二〇一四年七月から効力を発する。


細則
 一、毎年度の1回目の総会については原則として6月第2週を開催日とする。この日に開催が困難な場合においては、委員会において開催日を決定する。

 二、会誌は年一回以上刊行する。
 三、本県は東部、中部、西部に区分し、それぞれの責任において定期的な研究会、遺跡の見学会などを行う。
 四、本会の事業の円滑化をはかるため、必要に応じて部会を置くことができる。
 五、会費は当分の間、年参千円とする。会費滞納が三年を越えるものは会員としての資格を失う。
 六、機関誌発行時に当該年度の会費納入が確認された会員に会誌を送付する。
 七、この会の所在地は会計宅とする。

 八、機関誌およびシンポジウム資料等静岡県考古学会が刊行する書籍については原則として国立国会図書館及び静岡県立中央図書館に各1部寄贈する。
 九、委員会の決定に基づく静岡県考古学会刊行図書の運搬及び販売において、役員及び会員が自家用車等を使用した場合は、1万円を限度として謝礼を支払うことができる。また、販売に協力した役員及び会員には一人800円を限度として謝礼を支払うことができる。
(ただし、静岡県考古学会が主催する総会やシンポジウム等での販売を除く)

 十、会誌の書式等については、別途定める。

静岡県考古学会功労者表彰規則
1.ここに、静岡県考古学会功労者表彰規定を定める。
2.功労者の条件について
静岡県考古学会の発展に著しく寄与した会員で、会員から推薦された者の中から、委員会によって承認された会員
3.功労者表彰の実施について
(1)功労者の表彰は、委員会で承認された日に近い総会において行う。
(2)功労者には賞状及び記念品(5,000円以内)を贈呈する。
4.ここに定めること以外については、委員会での承認を必要とする。
5.この規則は、平成21年7月1日より運用する。
6.この規則は、総会において変更することができる。